廃車になるような事故の相談は弁護士と!車の処分も考えよう

廃車になるような事故の相談は弁護士と!車の処分も考えよう

廃車

警察などに相談

事故に遭った場合は、被害者や加害者に関わらず、まずは警察に連絡するようにします。警察への通報は道路交通法で定められており、事故の大きさは関係ありません。些細な事故であっても、必ず警察に届け出るようにしましょう。警察への届け出を怠ると、事故後の手続きが上手く進まなくなることもあります。気を付けましょう。そして、警察に連絡した後に加入している任意保険会社などへ連絡をするのです。事故の過失の割合については、保険会社が決めることになるでしょう。警察の実況見分が過失割合を決める際の参考になるはずです。また、過失の割合に対して双方納得ができない場合は、弁護士に相談するのが一番でしょう。事故の手続きの中でも、スムーズに事故の手続を進めることができます。また、車が動かない場合は、レッカーでの搬送も必要となるでしょう。道路に動かない車両を放置することはできないのです。交通量が多いなど、道路事情によっては警察がレッカー業者を手配することもあります。

車の処理

基本的に慰謝料などの請求に関しては、弁護士に相談するようにしましょう。弁護士は事故の状況や過失割合などを参考にして、手続きを進めていきます。ほとんどの手続きを弁護士に依頼することができるので、相談者の負担は少なくなるでしょう。きちんと慰謝料を請求してくれます。万が一裁判に発展しても、問題はないでしょう。弁護士がしっかりと助けてくれるからです。弁護士を介さない場合は、当事者同士で示談交渉や慰謝料の請求をする必要があります。ただ、専門の知識がなければ上手く話をまとめることができない場合もあるため、弁護士を利用した方が安心です。また、車の処分に関しては、専門の買取業者を利用するようにしましょう。廃車を専門に買い取っている業者も存在するので、手軽に処分することができます。一般的に買取価格が付かないような車両であっても、現金に変えることが可能なのです。万が一の事態に備えて、事前に業者をピックアップしておくと良いでしょう。よりスムーズに車を処理することができます。さらに、廃車手続きなども専門業者が行ってくれるのです。

慌てずに対応する

一般的に交通事故に遭った場合、慌ててしまう人も多いでしょう。事故の影響で気が動転してしまうからです。また、事故の手続きについて知識を持っていない人も慌ててしまう傾向にあります。事前に何が必要なのか分かっていれば、冷静に対処することができるようになるでしょう。

トラブルをスッキリ解消したい人におすすめ

廃車

廃車になるような事故の相談は弁護士と!車の処分も考えよう

予期せぬ交通事故に遭われてしまう人もいるでしょう。この場合、事前に交通事故で必要な手続きが分かっていれば安心です。

READ MORE
弁護士

トラブルを素早く解決!弁護士事務所で相談できるコト

弁護士に相談できる案件の種類は様々です。どのような案件で相談することができるのか、この機会に調べておきましょう。

READ MORE
広告募集中